ロードバイク好きの育児イラストブログ

むぅログ

ヒルクライム

最大勾配18% …常隆寺ヒルクライム(写真多め)

投稿日:

前回「淡路島出身の私が、淡路島をヒルクライム常盤ダム」の続き。

常盤ダムに行った後、常隆寺(標高515.3m)に向かいました。

Sponsored Link

 

常盤ダムを通りすぎて

登る

常盤ダムを通りすぎて、民家の集落を抜け登る。

常盤ダムから

のどかな道。
のどかな風景。
車も来ない。
すれ違う人もいない。

こういうのもイイ!

のんびりした道がつづく

と思ったら、激坂(´;ω;`)

kitumesaka
スパルタな淡路島の山道。

 

 

道に迷いそう

いくつか、分かれ道あり

車で常隆寺行ったことはありますが、ロードバイクで初!

しかも常盤ダムから常隆寺に行ったことないので、
ナビを見たり、看板を見たりして進みます。

常隆寺は、常盤ダムからじゃなくても、もちろん行けます!

hidari

massugu

わくわくするような道が見えてきました。

わくわくするような道
どんどん吸い込まれるような道・・・。

 

 

いよいよ常隆寺へ ヒルクライム

常隆寺へ登る入り口

ここから常隆寺に登ります!

ここから登る

山の中に入っていく感じがプンプンします。
ヽ(`Д´)ノプンプン

山の中へ

えぇぇぇええええぇーーー(´;ω;`)
登り始めて、すぐの勾配17%!!!

勾配14%の坂
歩くほうが早いんじゃないって速さで
なんとか登っています・・・

下しか見れない(´;ω;`)

きつい坂
なんなのこの坂。

はぁはぁはぁはぁ・・くっ!はぁ!っ!

すぐ息切れ。
声にならない、声がもれる・・・

登る登る

車すれ違うとき、大変そう。
道の幅は狭いは、坂は急だし、道の作り方をもっと考えたほうがいいw

 

 

すぐHP削られたので、休憩。

HP回復中

休憩中のこの写真↓ですら、
斜めになってしまってます。

休憩も坂道なので斜め

座るとHPの回復が早い。
ゲームの中もリアルも一緒ですね!

ダブルピース

 

 

きらきらした木漏れ日がもれる

登るにつれて

だんだん登っていくにつれ、しっかりとした木になっていき、
木の隙間からは木漏れ日がとても綺麗。

常隆寺周辺は兵庫森林浴50選に選ばれているそうな。

komorebi

木漏れ日(こもれび)は、森林などの木立ちから太陽の日差しが漏れる光景のこと。「木洩れ日」とも書く (Wikipediaより)

「木漏れ日」に値する英語はないようで、
これを言葉で表現できないなんてもったいない気がする。

「木漏れ日」に、正確に対応する英語の単語は存在しないのだ。

おそらく、自然を愛して、四季の移ろいに密着して生きてきた日本人が、当たり前のように、自然現象を切り分けて認識している日本語の言葉のなかには、「木漏れ日」だけでなく、ほかにもたくさん、英語圏には対応する単語のない言葉があるに違いない。
(自然を愛する繊細な日本人が誇るべき「木漏れ日」という言葉。英語には該当する言葉がない!ICHIROYAのブログ)

 

木漏れ日の中

そんな美しい風景な中
ふらふらの美しくないヒルクライムを繰り広げました。

坂が多くてふらふら

 

神々しい光に包まれ

この日は天気もよく、神々しい光で包み込まれ
どこか召されてしまいそう。

どこか召されそう

 

もうちょっと

休憩も交えつつ、苦しんで楽しんで登る。

まだまだヒルクライム

 

 

最後に勾配18%を持ってくる鬼畜

最後の登り

先に登った旦那が撮影したこの写真↓

左に道が見えると思うのですが、
登って通る道は写真中央の道(勾配がきつくて道が見えない道)です。

これ右から

 

勾配18%押さずに登る!!!

旦那
ここきついよー押しておいでー

と先に登った旦那が声をかけ振り向くと

私は、一所懸命登ってるところだった。
ふらふらで。

saka18

しんどさはピーク。

登れるか・・・。

あと、あとほんの数メートル。

 

 

立ちごけした。

漕ぐのが、遅すぎて止まりそうなぐらい遅くて、
ついには、バランスが取れなくなって転倒。

tatigoke

乗ってる形のまま横にバタン。

クリート外せないまま。
自分で起き上がれなかった。

旦那
倒れるまでせんでも
行けるかと思った
旦那
クリート外して、足つけるようにして登ったら?
クリート外そうと足をゆるめると転けそうやった。漕ぐしかなかった。やから、どっちにしろ転けた。
登れる方に賭けてみたけど、あかんかった
旦那
怪我せんようにせなあかんよ

そう言って旦那は、ボーラフレームの傷を心配した。
スピードがゼロでの転倒で幸い何もかも大丈夫だった。

無理過ぎた。

自分の限界がわからない、いつも無理をしてしまう。

 

 

でも登れた!

登ったとこを見て、征服感に包まれる(`ω´)グフフ

ヒルクライム到着

立ちごけしたけど・・・。

 

 

常隆寺 ヒルクライムゴール!

到着!

最後の坂を登ったら、すぐ常隆寺(標高515.3m)。

常隆寺到着

旦那
え!これって入ってええんやんな?
うん!はよ入りよ!
旦那
だって・・・

旦那
だって・・・

 

旦那は、何に気になって、
入るのを躊躇したのか・・・つづく。

ヒルクライムへの思いを文にしたら、長くなり過ぎたので
「常隆寺での余韻と、帰り道」のお話は次に。つづく。

 

このブログ記事のルート



\最後まで読んでくれありがとうございます/
「見たよ」とクリックしてもらえると反応が分かって嬉しいです☺
にほんブログ村 マタニティーブログへ 



Sponsored Link

このブログ書いてる人

むぅ
ただいま妊娠中のため、趣味のロードバイクお休み中。
ブログ記事は、ロードバイクメインだったのですが、これからは生活イラストブログになっていくと思います。

詳しい自己紹介はこちら
気になる記事があったらシェアしてくれると嬉しいです!
旦那
オレの「ロードバイク ブログ」も
よかったら見にきてね!
ブログ:目指せ淡一
Twitter:クロワッサン(@96_wa3)


SNS(お気軽にフォローしてください)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-ヒルクライム
-

Copyright© むぅログ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.